海外旅行で必須のWIFIモバイル!グローバルWIFIの料金・メリット・評判は?

海外旅行で必須のWIFIモバイル!グローバルWIFIの料金・メリット・評判は?

海外旅行で必須なWIFI。中にはグローバルWIFIの評判ってどうなの?という方もいるかと思います。本記事では、料金やメリットデメリット、対応国などまとめましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事でわかること
  • グローバルWIFIとは
  • メリット/デメリット
  • 良い評判と悪い評判

海外旅行で用意したいのが、モバイルWIFI。
海外旅行や海外出張など一時的に海外行く場合でもインターネットは必須ですよね。
特に海外旅行の場合、旅行先でインスタに画像をアップしたり、LINEを使ったり。

そんなときに考えるのが認知度が高い「グローバルWIFI」ではないでしょうか。
グローバルWIFIは年々新規やリピートどちらもレンタル件数が増加しており安定性があり、口コミが多いため利用者も多いです。

今回は、そんなグローバルWIFIの料金や評判、メリットをご紹介します。
グローバルWIFIは対応している国や料金面、返却方法が多い点からみても業界トップクラス。

ぜひ、検討してみてくださいね。

グローバルWIFIとは?

グローバルWIFIは株式会社ビジョンが提供している海外WIFIレンタルサービスです。
グローバルWIFIは、200か国以上の国や地域で利用でき、高速インターネットである4G LTEを提供している国の数が業界トップ。
そういった点で、業界では認知度が非常に高く評判が多いのも特徴となります。

2014年と2016年には大手旅行サイトの「トリップアドバイザー」で行われた「ユーザーが選ぶモバイルWIFI」で1位に選ばれるほどです。

グローバルWIFIの料金プラン

グローバルWIFIは200の国・地域で利用でき、国によって利用料金が異なります。
日本人の旅行先として人気の高い国の料金をご紹介します。

地域 料金
東アジア ・韓国:4G 670円
・台湾:3G 670円 4G 970円
・香港:4G 670円
・中国:3G 670円 4G 970円
東南アジア ・タイ:3G 670円 4G 970円
・シンガポール:3G 670円 4G 970円
・ベトナム:3G 670円
・マレーシア:4G 770円
・インドネシア:3G 670円
・カンボジア:3G 300円
ハワイ
グアム
サイパン
・ハワイ:4G 970円
・グアム:4G 970円
・サイパン:3G 970円
北アメリカ ・アメリカ本土:4G 970円
・カナダ:3G 970円 4G 1,270円
ヨーロッパ フランス・イギリス・イタリア・スペイン
:3G 970円 4G 1,270円
2か国以上プラン ・アジア周遊:970円~
・ヨーロッパ周遊:1,180円~
・アメリカ大陸周遊:1,480円
・世界周遊:1,680円~

このように国によってレンタル料金が異なります。
もし2か国以上訪れる場合は、2か国以上のプランもありますので、そちらを利用すると良いです。
上記に乗っていない国に行く場合は、グローバルWIFI公式HPより料金検索ができますので確認してみてくださいね。

グローバルWIFIのメリットは?

海外レンタルWIFIはグローバルWIFI以外にもありますが、そもそもグローバルWIFIを利用するメリットについてみていきます。

メリット:さまざまな受け取り方法・返却方法

他社では、機器の受け取り方法や返却方法が宅配に限られることが多いです。
それに対して、グローバルWIFIは宅配便だけでなく空港での受け取りや返却にも対応しています。
さらに全国15か所の空港で受け取り・返却に対応。なので、帰国してそのまま返却もできるのです。

韓国や台湾、ハワイなら現地で機器受け取りができる点もグローバルWIFIにしかありません。

メリット:簡単な受け取り方法

グローバルWIFIは受け取りの簡略化で、新しい受け取りサービスを実施しています。
そのサービスは、「スマートピックアップ(ロッカー受け取り)」と呼ばれています。

予約申し込みの時にメールで送られてくるQRコードをかざすだけで、WIFIルーターを受け取りが可能。ようは、わざわざ空港のカウンターに並ばなくてもWIFIルーターの受け取りができますので、手間や時間の節約ができるのです。

ちなみに他社でもスマートピックアップを利用できますが、1か所の空港でしか利用できません。
その一方、グローバルWIFIであれば5か所の空港で利用でき、どこよりも対応空港が多いです。

グローバルWIFIなら自分に合った受け取り方法や返却方法を利用できるため嬉しいですね。

なお、受取手数料や返却手数料、受取可能空港などまとめは下記になります。

受取手数料 空港・宅配・現地一律540円
※現地は韓国台湾ハワイのみ
返却手数料 空港・現地:0円
宅配:実費負担
返却期限 空港:帰国当日
宅配:帰国当日発送
受取可能空港 新千歳空港
新潟空港
小松空港
成田空港
羽田空港
中部国際空港
伊丹空港
関西空港
博多港
福岡空港
那覇空港
延滞料金 レンタル料金×日数
空港以外での受取方法 宅配
現地空港※制限あり

グローバルWIFIは高速通信に対応している国が多い

グローバルWIFIは世界200か国でWIFIを使うことができますが、他社であるイモトのWIFIでも同じように200以上の国に対応しています。
しかし高速通信の「4G-LTE」で比較してみると、グローバルWIFIは54か国、イモトのWIFIは16か国とグローバルWIFIのほうが多いのが分かります。

例えば、グアムに海外旅行に行くと、グローバルWIFIは4G回線が使えますが、イモトのWIFIは3G回線しか使えません。

3Gと4G-LTEで比較すると、旅行先で動画やマップをみたり、電話を利用するときに読み込みの速度が断然違います。
4G-LTEならサクサクインターネットを利用することができるので、4G一択ですね。

ちなみにグローバルWIFIの「超大容量プラン」は規定容量を超えて利用すると通信速度が遅くなります。
速度制限の解除は旅行先の現地時間0時以降になりますので注意しましょう。

レンタル料金が安い

海外レンタルWIFIを利用するときに気になるのが料金。
海外旅行の旅費は高くなりがちですし、できれば通信費は抑えたいものです。

海外レンタルのWIFIは旅行先やデータ容量によって料金に差があるのですが、グローバルWIFIは他社と比較すると料金が比較的安いです。

例えば、ハワイ旅行で利用した場合の料金を比較すると、以下のようになります。

海外レンタルWIFI 料金(1日当たり)
グローバルWIFI ・250MB:921円
・500MB:1,206円
・1GB:1,396円
イモトのWIFI ・500MB:1,580円
・1GB:1,880円

500MBと1GBで比較してみると、グローバルWIFIの方が安いことが分かります。
1GBだと500円近くグローバルWIFIの方がお得なことがわかりますね。

「たった、500円か」と思いますが、1日当たりなので合計するとかなり差が開きます。

グローバルWIFIでは早割や長期割引プランやクーポンなどお得なサービスもありますよ。
クーポンなどを併用することでもっとお得にレンタルすることができるでしょう。

グローバルWIFIのデメリット

次にグローバルWIFIのメリットを考えてみましょう。

同時に5台までしかつなげない

グローバルWIFIは同時に接続できるのが5台までしかありません。
国内のポケットWIFIは10台まで同時に接続できますので、その半分の台数しか接続できないのです。

ひとりで利用する場合は5台も接続することはないかもしれません。
しかし家族や友達で利用した場合、スマホとパソコンなどを併用すると、足りないということになります。

5台以上になる場合は、他社サービスを検討する必要があるかもしれません。

ただし、1台のWIFIを複数人で同時に利用するとバッテリーを消費しやすいです。
使わない機器がある場合は、こまめに切断したほうがいいでしょう。1日200円でモバイルバッテリーのレンタルもできるため検討してみてもいいでしょう。

使い放題プランがない

グローバルWIFIには使い放題ブランがありません。
そもそも、使い放題プランがない会社の方が多いですね。
旅行先でインスタの利用頻度が高い方や動画の再生時間が長い方、また、ビデオ通話が多い方は1GBのものを借りたほうがいいでしょう。

1GBでも足りないという方は、ホテルやレストランのWIFIを使うという方法もありますよー。

グローバルWIFIの評判はどうなの?

では実際にグローバルWIFIの評判を見ていきましょう。
良い評判だけでなく、悪い評判も載せていますのでぜひ参考にしてみてください。

グローバルWIFIの良い評判

ではまず、良い評判から見てみましょう。

・カンボジア/2019年4月ごろ/5日間
容量を多めにしたので全く困ることはありませんでした。モバイルバッテリーがついているうえに、本体もバッテリーになるところは感動しました。さらに残りどれくらい使えるかもはっきりわかったので安心しました。(カカクコム引用)

・アジア周遊/2019年3月ごろ
おおむね問題なく使えました。2人での使用でしたが安心して使えました。(カカクコム引用)

・アジア周遊/2019年1月ごろ
3名で使いましたが、途中で電源が落ちることがあったが、特に問題ないと感じた。(カカクコム引用)

バッテリーの持ちはそれなりによく、問題なく使えたという評判が多かったです。
ただし、3名となると途中で電源が落ちると書いてあったので、複数人で使用するとバッテリーの消耗が激しいようです。

グローバルWIFIの悪い評判

次に悪い評判をご紹介します。

・オーストラリア/2019年3月ごろ
日本にいるときと同じ調子で使うと、あっという間に1日使用容量上限になってしまうので、つなげる端末の電源を切る、今回借りた海外Wi-Fiの電源を入れたりし絵使用容量が増えない工夫をしたが、0時超えてリセットされて使用容量がゼロになると思いきや、海外Wi-Fiの電源を入れた直後でも数十MBになっていた。有り得ない使用容量である。よって、本海外Wi-Fiは使えないものと判断し、旅行の後半ではよほど用事のある時しか使用せず。ともにツアーをしていた他の家族が同じ海外Wi-Fiをレンタルして渡されたパスワードが自分の海外Wi-Fiと同じで、結果私の海外Wi-Fiを傍受して使っていたような感覚である。(カカクコム引用)

・アメリカ/2019年3月
価格は安かった。同じ会社のものを以前使用した時は価格は高かったがつながりは良かった。今回は安かろう悪かろうでほとんど役に立たなかった。(カカクコム引用)

・アメリカ/2019年3月
基本的にどこにいても通信スピードが遅かったです。これまでいろんな国でルーターを借りましたが、今までで1番悪かったです。機器のせいなのか地域の問題なのかはわかりません。(カカクコム引用)

すぐに容量上限になってしまうという評判がありました。投稿した方のスマホやパソコンの使い方にもよりますが、使いすぎるとやはり上限はいっぱいになってしまいます。

また、通信速度が遅いとありましたが、高い方はサクサク動いて安い方は遅いという内容もあったため、3Gと4Gを両方使った方の意見ではないかと思います。

3Gはやはり通信速度が遅いですので、できれば4Gにしたほうがいいでしょう。

少人数で利用するならグローバルWIFIがおすすめ!

以上、グローバルWIFIについて紹介しました。
料金安め、かつ1人旅や2〜3人など少人数で利用する場合はグローバルWIFIがおすすめです。

もし大人数になる場合はグローバルWIFIの機器1台では対応できないです。なので、10台以上対応している会社と契約するか、グローバルWIFIに2つ申し込むことをオススメします。

この記事を参考に、グローバルWIFIの利用を検討してみてくださいね。

この記事が参考になったらいいねしよう!

こちらの記事も読まれています

ようさん

社会人まで海外童貞だった自分が急遽思い立って台湾へ一人旅へ。それから、少しずつ海外の空気にハマりました。
旅行は基本自分で手配する派。お金がかかりがちな旅行を「いかにコスパをよくするか」をあれこれ調べるのが趣味です。

新着記事一覧
おすすめカード一覧
  • エポスカード
    エポスカード

    最短即日発行!年会費無料で海外旅行保険が自動付帯!

  • 楽天プレミアムカード
    楽天プレミアムカード

    空港ラウンジが使い放題!プライオリティパスが最強!