海外旅行保険「賠償責任」とは?どんな時に適用される項目?具体的な賠償責任の事例を紹介します

海外旅行保険「賠償責任」とは?どんな時に適用される項目?具体的な賠償責任の事例を紹介します

海外旅行中に「ホテルのものを壊した、他人に危害を加えてしまった」という場合に使える海外旅行保険の項目「賠償責任」について解説します。あまり聞き慣れないですが、意外に身近なところに賠償責任というものがついて回るので、賠償責任の基本的なことから、具体的にて適用される事例まで詳しく紹介します。

この記事でわかること
  • 賠償責任とは
  • 賠償責任が適用される具体的な事例

海外旅行には必須の海外旅行保険。
今回は「賠償責任」という項目に焦点を当てていきます。

賠償責任とは、
「物を壊してしまった!」
「他人を怪我させてしまった!」
という場合に適用される保険項目ですね。

賠償責任の概要、具体的な事例までまとめてみたので、ぜひ参考にしてください。

賠償責任とは?

まず、賠償というワードの意味についてですが、
“他人や、他人のものに与えた損害をこちらが負担すること”
です。
簡単にいうと“弁償する”ということですね。

裁判に関するのニュースなどで“損害賠償(そんがいばいしょう)”というワードを耳にしたことがあるかと思いますが、これも同じく“他人に損害を与えた人が、それを塡補(ほてん)すること”という意味です。

旅行先の現地で備品を壊してしまった際、当然その壊した備品代は弁償しなければなれません。そんなときに、弁償にかかった金額を補償してくれるのが賠償責任保険です。

よくあるケースは、ホテルの部屋の備品ですね。
花瓶を割ってしまった、付属のドライヤーを壊してしまった、などなど。

海外のホテルの備品は日本のモノと使い方が異なり、無理矢理使おうとした結果壊れるなんてこと、実はけっこう起こりえます。海外製品は日本のモノに比べて、つくりが雑なこともあり、壊れてやすい場合が多いです。

また、海外旅行中に他人に怪我をさせてしまった場合なども該当します。
「海外旅行でテンションが上がってしまい、観光地の人混みの中で騒いでしまって、他人にぶつかって転ばせてしまった」など、十分起こりえることだと思います。

賠償責任が該当する事故の実例と補償金額

賠償責任の概要は理解できたかと思いますが、実際にどのようなトラブルやケースがあり、それぞれどのくらいの金額が賠償となるのか、実例を挙げてみました。

  • ・25歳(男性) シンガポールでレンタル携帯電話を盗まれ、レンタル会社に本体代を請求された – 1.5万円
  • ・37歳(男性) インドネシアで隣の席の客のパソコンとカメラを落として壊してしまい、損害賠償を求められる – 10万円
  • ・20歳(女性) 香港の滞在先でスプリンクラーを作動させてしまい、自分と他の部屋を水浸しにしてしまった – 80万円
  • ・21歳(女性) フランスでスノーボード中にスキーインストラクターに突っ込み、右足、左鎖骨を骨折 – 1,200万円(治療費、慰謝料等)
  • ・47歳(男性) ドイツのホテルでバスタブにお湯を溜めていたが眠ってしまい、バスルーム全体を水浸しにしてしまった – 63.8万円

事故例集:個人賠償責任 : AIU海外旅行保険

いかがでしょうか。
実例として身近なものもあるのではないでしょうか。

もし保険に入っていない場合、破損の弁償や治療費で上記のような金額を相手に支払う必要があります。なかなか高額な金額となるのがわかるかと思います。

こういったケースの費用を補償するのが賠償責任という項目です。

事例のように、ホテルや公共施設の破損だけでなく、他人の治療費や、所持品(スマホ・カメラ・スーツケースなど)を壊してしまった場合も賠償責任として当てはまります。

意外に身近な賠償責任

以上、「賠償責任」の記事をまとめてみました。
海外旅行保険の項目の中でもあまり聞き慣れないものではありますが、わりと身近なものだと思えたのではないでしょうか。

ようさん
日本で生活していても、他人を怪我させたり、ものを壊してしまったりなんてことは多くないので、油断してしまいがちですが、いざという時に保険が適応されると助かりますね。

幸いなことに、今のところ僕自身もまだ賠償責任を負うような経験はありません。

海外旅行保険といえば病気の治療費を補填する「治療費補償」や自分のモノが破損 or 紛失した際の「携行品損害」に注目しがちですが、他の項目を知っておくといざというときに役立つと思います。

この記事が参考になったらいいねしよう!

こちらの記事も読まれています

ようさん

社会人まで海外童貞だった自分が急遽思い立って台湾へ一人旅へ。それから、少しずつ海外の空気にハマりました。
旅行は基本自分で手配する派。お金がかかりがちな旅行を「いかにコスパをよくするか」をあれこれ調べるのが趣味です。

新着記事一覧
おすすめカード一覧
  • エポスカード
    エポスカード

    最短即日発行!年会費無料で海外旅行保険が自動付帯!

  • 楽天プレミアムカード
    楽天プレミアムカード

    空港ラウンジが使い放題!プライオリティパスが最強!