航空機遅延保険とは?補償内容や条件を解説します

航空機遅延保険とは?補償内容や条件を解説します

「航空機遅延保険って何だろう…」 と感じている方。 航空機遅延保険とは、飛行機が遅れたり、欠航になったりしたときに活用する保険です。 これを知っておくことで、急なトラブルでも余分な費用を支払う必要がありません […]

この記事でわかること
  • 航空機遅延保険の内容
  • 補償内容や条件
  • 航空機遅延保険の注意点

航空機遅延保険って何だろう…
と感じている方。

航空機遅延保険とは、飛行機が遅れたり、欠航になったりしたときに活用する保険です。
これを知っておくことで、急なトラブルでも余分な費用を支払う必要がありません。

とはいえ、具体的な補償内容などは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、航空機遅延保険の内容、必要な書類、注意点について紹介します。

まずは航空機遅延保険について、ざっくりと知りましょう。

航空機遅延保険ってなに?

航空機遅延保険とは、飛行機のトラブルで利用できる保険です。
飛行機が遅れたときや飛行機が欠便した際に、必要となった費用を負担してくれる保険。

例えば、

・出発地からの飛行機が遅れた、欠航になった
・乗り継ぎする予定が、最初の飛行機が遅れたために乗れなかった

などです。

このときに支払った

・ホテル代
・食事代
・衣服など身の回りの損害
・交通費

などを負担します。

航空機遅延保険の補償内容

具体的な補償内容を表にまとめました。

概要 適用条件 補償内容
乗継遅延費用 飛行機に乗り遅れたときの補償 ・飛行機の遅延により、乗り継ぐ予定の飛行機に間に合わなかった
・到着予定時刻から4時間以内に、他の飛行機に代替えできなかった
宿泊料金や食事代
出航遅延/欠航/搭乗不能費用 搭乗予定の飛行機が4時間以上の遅延、もしくは欠航した場合の補償 ・予約していた飛行機が4時間以上遅れた
・飛行機が欠航した
・出発予定の時間から4時間以内に、代替えとなる他の飛行機に搭乗できなかった。
宿泊料金や食事代
受託手荷物遅延 スーツケースなどの受託手荷物が到着時に手元になかった場合の補償 ・目的地に到着後、6時間以内に受託手荷物が目的地に運搬されなかった 衣服や身だしなみなど必要な物の購入費用
受託手荷物紛失 スーツケースなど受託手荷物が届かない、紛失した場合の補償 ・受託手荷物が到着から48時間以内に届かない
・受託手荷物が運搬中に紛失した
到着から96時間以内に目的地で購入した衣服などの費用

補償額は、保険会社やクレジットカード会社によって異なります。
注目点は、補償される内容は宿泊代、食事代、衣服などの費用であることです。航空券の代金が補償されるというわけではありません。
よく勘違いするポイントなので、覚えておきましょう。

航空機遅延保険の請求に必要な4つの書類

航空機遅延保険の申請には、4つの書類が必要です。

・欠航証明書・遅延証明書
飛行機が欠航、遅延したことを証明する書類。航空会社のサイトで、便名を入力すると証明書が表示されます。電車の遅延証明書と同じですね。

・ホテル/お店の領収書
遅延や欠航により、利用したホテルやレストランなどの領収書。
この領収書がなければ、補償されなくなってしまうので、無くさないようにしましょう!

・航空券やEチケット
予約していた航空券の証明書。Eチケットはメールで届くため、印刷しておくこと。
遅延証明書と合わせれば、「この飛行機に乗る予定だった」ということの証明になります。

・パスポートのコピー
パスポート番号と顔写真が載っているページのコピー。本人確認のために必要です。

航空機遅延保険の注意点

航空機遅延保険を利用するときは、注意点があります。

1. 航空機遅延保険には適用条件があること

表にも記載した通り、それぞれの補償内容には条件があります。
1分でも飛行機が遅れたからといって、保険を利用ができるわけではないんです。

例えば、飛行機の遅延でいうと「4時間を超える遅れ」が条件だったり、
受託手荷物の遅延では、「6時間以内に荷物が届かなかった」場合だったり。

4時間以上時間かかると思って飲食して、
3時間50分で離陸したら、その食事代は自己負担になってしまいます。

2. 実費であること

請求する費用は「実費」であることが条件です。
この費用の証明には、領収書が欠かせません。領収書をなくせば、保険を受けることは不可。
必ず利用したホテルやレストランで、領収書をもらいましょう!

3. 利用条件がある

中には、航空機遅延保険が付帯しているクレジットカードがあります。
クレジットカードの保険には利用条件があります。

・自動付帯:カードを持っているだけで保険が適用。
・利用付帯:旅行に関する費用をクレジットカードで支払った場合のみ適用。

もしもあなたのカードが利用付帯であった場合、旅費の一部をクレジットカードで支払っていなければ、保険は利用できません。
事前に自動付帯か利用付帯か、確認しておきましょう。

まとめ

以上、航空機遅延保険について、わかりやすく解説しました。
おさらいすると、この保険は飛行機が遅れた、欠航になった場合に利用できるものです。

補償内容は、
・乗継遅延費用
・出航遅延・欠航・搭乗不能費用
・受託手荷物遅延
・受託手荷物紛失

の4つです。

そしてこれらの補償を受ける際には、
・欠航証明書/遅延証明書/手荷物紛失証明書
・ホテルやレストランの領収書
・航空券やEチケット
・パスポートのコピー

が必要です。証明するものがなければ補償を受けることはできませんので、忘れないよう、無くさないようにしましょう。

条件については特に注意しながら、トラブルの際はぜひ活用してみてくださいね。

この記事が参考になったらいいねしよう!

こちらの記事も読まれています

ようさん

社会人まで海外童貞だった自分が急遽思い立って台湾へ一人旅へ。それから、少しずつ海外の空気にハマりました。
旅行は基本自分で手配する派。お金がかかりがちな旅行を「いかにコスパをよくするか」をあれこれ調べるのが趣味です。

新着記事一覧
おすすめカード一覧
  • エポスカード
    エポスカード

    最短即日発行!年会費無料で海外旅行保険が自動付帯!

  • 楽天プレミアムカード
    楽天プレミアムカード

    空港ラウンジが使い放題!プライオリティパスが最強!