海外旅行ではキャッシングが両替よりもお得!メリットとおすすめカードもご紹介

海外旅行ではキャッシングが両替よりもお得!メリットとおすすめカードもご紹介

海外旅行の際、現地通貨を調達する手段として両替が一般的ですが、両替よりも海外のATMでクレジットカードを利用したキャッシングのほうがオトクになることがあります。今回は、海外キャッシングの仕組みとメリット、海外キャッシング向けオススメのクレジットカードを紹介します。

海外旅行で、現地通貨の調達に悩んだことある方は多いかと思います
日本の空港や現地の両替所で調達する方法が一般的です。
しかし両替は手数料を取られたり、そもそも両替所を探す手間がかかったりと、面倒ですよね。

海外で現金を調達するには、クレジットカードのキャッシングが、最も安くおすすめです。
ATMさえあれば、手数料なしですぐに現金が引き出せます。さらには、カードによっては繰上げ返済で金利の節約もできますね。

今回の記事では、キャッシングと両替の違いやキャッシングのメリット、さらにはキャッシングにおすすめのカードも2つをご紹介します。

この記事を読めば、手数料をかけずに、お得な海外旅行ができるようになりますよ。

両替のデメリット3つ

海外旅行で必要な現地通貨。現地通貨は主に両替所に行って換金が一般的です。
ですが両替所での換金にはいくつかのデメリットがあります。

両替手数料が取られる

空港や両替所で外貨両替を行うと、手数料が必要です。
米ドルやユーロ、英ポンドなどメジャーな通貨の場合は約2.5〜3%の金額が手数料として取られます。

例えば5万円を米ドルに両替した場合、以下の手数料が必要です。

50,000円×0.03=1,500円

1回の両替で、約1,500円も余分に取られてしまいます。手数料で1,500円は痛すぎる。

両替する通貨によっては手数料10%超え

米ドル、ユーロ、英ポンド以外の通貨の場合、手数料はさらに高くなります。
具体的に途上国などの現地通貨はマイナー通貨と呼ばれており、10%を超える国もあります。

先ほどの5万円をマイナー通貨と両替すると・・・

50,000円×0.1=5,000円

なんと、5,000円もの金額が手数料で取られてしまいます。
5,000円もあれば、洋服や生活用品が買えてしまいますよね。1度だけの両替ならまだしも、何度も両替所で両替すると、手数料だけで莫大な金額がかかります。

長期留学している方などは特に勿体無いですね。
かくいう僕もカナダで留学しているとき、毎回両替所で両替してたなあ。。。

ぼったくりの可能性がある

旅行先の両替所を利用した場合、「ぼったくりの可能性がある」って知っていますか?
特にアジアなどの途上国では、以下のようなぼったくり例が報告されています。

・手数料を多めに取る
・お札の枚数が少ない
・偽札を渡される

両替所だとても、金額をごまかされる場合があります。
レートや手数料を正確に計算している方ってあまりいないですもんね。
両替するだけでも様々なリスクや危険性があり、最善の方法とは言えません。

海外キャッシングがオススメ

両替のリスクを回避するには、クレジットカードでの海外キャッシングがおすすめです。

キャッシングとは?

そもそもキャッシングとは、クレジットカードを利用して現金を借りること
借りるといっても、クレジットカードを使用して、現金を受け取るというイメージです。
なのでキャッシングした分は毎月のカード料金の引き落とし時に、一緒に引き落とされます。

またクレジットカードを持っていれば、コンビニなどのATMで現金を調達できます。
クレジットカードにキャッシング枠が付帯し、使用可能額が残っていれば、キャッシングができますよー。

海外キャッシングと両替の違い

海外キャッシングと両替には、主に以下の3つの違いがあります。

・両替手数料なし
・返済方法が選べる
・ポイント還元がある

両替所でかかっていた手数料は、キャッッシングではかかりません。そのためキャッシグを利用するだけで、旅費の節約になるのです。

さらにクレジットカードを利用するため、返済方法は一括払いかリボ払いから選択できます。
返済が厳しい時にはリボ払いを使用できるので、便利なサービスですよね。また、カード会社独自のポイント還元を受けられる場合もあります。

海外キャッシングのメリット

海外キャッシングには、主に3つのメリットがあります。

ATMがあればキャッシングができる

キャッシングは、ATMさえあれば現金を下ろすことができます。
海外であっても、空港や駅、銀行だけでなく、コンビニにもATMが設置されています。
そのためATMはすぐに見つかり、わざわざ探す手間がかかりません。また現金を持ち歩かなくて良いため、盗難の心配がなくなります。

現金は盗まれると戻ってきませんが、カードを盗られて不正利用された場合は、保険が適用される場合があります。リスクが少ないだけでなく、海外での危機管理にもつながるのです。

ATM使用料のみ

キャッシングでは、両替のように手数料はかかりません。キャッシングでかかる費用は、主に以下の2つのみです。

・金利
・現地ATM使用料

両替のような手数料がかからないため、返済日までの金利とATM手数料のみです。
ATM手数料は、どこの国でも1回の利用で108〜216円のため、高額な費用はかかりません。

繰上げ返済で金利を節約

キャッシングには、金利がかかります。というのもキャッシングは、クレジット会社から一時的に現金を借りるため利息がかかります。利息で高額な費用がかかっては、手数料を抑えた意味がありませんよね。

しかし日本のATM、もしくはクレジットカード会社に連絡して振込をすれば、すぐにキャッシング分を返済できます。金利は連絡した日までの料金で計算されるため、かなり安く抑えられます。

例えば、3泊4日で旅行した場合を例に、ご紹介しましょう。
初日にキャッシングをし、帰国日の4日目に返済したとします。本来ならば、カード引き落とし日までの約1ヶ月の金利がかかります。

ですがこの場合は4日目に返済しているため、金利は4日分しか請求されません。
4日分は数十円〜数百円程度なので、あってないような金額ですね。

繰上げの返済方法は、カード会社によって異な流ので、事前にカード会社に確認しておきましょう。

最強のキャッシング用カード「セディナカード」

キャッシングするなら最強のカード、セディナカード。
キャッシングをするためだけに持っていたいクレジットカードです。
というのも、セディナカードはインターネット経由でキャッシングの繰上げ返済ができます。

基本的に他のカードの場合は帰国後に日本のATM、もしくは電話連絡でしか返済できないことが多いです。長期で海外にいる方なら不便で仕方ない。。。
ですがセディナカードは海外に滞在中でも、インターネットさえあれば会員専用ページから返済が可能なんです。
なので場所を問わず、問い合わせる必要もなく、繰上げ返済できます。

また使用金額にキャッシング分が反映され次第、返済が可能です。
その反映もキャッシング日から数日と早めで、反映後すぐの返済であれば金利が100円前後しかかかりません。

年会費無料のため、海外でキャッシングするならおすすめのクレジットカードです。

セディナカードの紹介記事はこちら
海外旅行好き必見!海外キャッシングにはセディナカードがオススメ

まとめ

海外旅行で現地通貨の調達するには、クレジットカードでのキャッシングがおすすめです。

両替のように手数料がかからない上に、繰上げ返済も可能です。
帰国後すぐに返済すれば、金利を100円前後まで抑えられます。また、両替のようにぼったくりの可能性や、盗難で失うリスクもありません。

特に海外旅行する方、長期で海外に滞在される方セディナカードは持っておくべきですよー。クレジットカードをうまく活用して、お得に海外での滞在を楽しみましょう。

この記事が参考になったらいいねしよう!

こちらの記事も読まれています

ようさん

社会人まで海外童貞だった自分が急遽思い立って台湾へ一人旅へ。それから、少しずつ海外の空気にハマりました。
旅行は基本自分で手配する派。お金がかかりがちな旅行を「いかにコスパをよくするか」をあれこれ調べるのが趣味です。

新着記事一覧
おすすめカード一覧
  • エポスカード
    エポスカード

    最短即日発行!年会費無料で海外旅行保険が自動付帯!

  • 楽天プレミアムカード
    楽天プレミアムカード

    空港ラウンジが使い放題!プライオリティパスが最強!