リクルートカードが人気の理由!年間費無料で、ポイント貯めたい人におすすめ

せっかくクレジットカード作るなら、良いクレジットカードが欲しいですよね。
でもたくさんクレジットカードがあって、ぶっちゃけ、どれが良いかわからないのが現実。。。

今回紹介するリクルートカードは年会費タダ!
そして、ポイントが貯まりやすいクレジットカードとして人気なんです。

特にリクルートグループのサービスで貯めたポイントをお得に使えます。

「本当にそうなの?」
「クレジットカードはなんとなく怖い」
「リクルートのサービス使ってるから、気になる!」

という方に、リクルートカードのポイントの貯め方から使い方、審査情報まで徹底的に紹介します!

ぜひ参考にしてみてくださいねー。

リクルートカードの基本スペック

リクルートカードはリクルートグループが発行するクレジットカードです。

ブランドとしては、JCB、VISA、MasterCardから選ぶことができます。
個人的にはVISAかMaster Cardがおすすめ。

というのもJCBを選択すると利用できる電子マネーが以下の2種類となります。

・nanaco
・モバイルSuica

その一方、VISA、Master Cardの場合では

・nanaco
・モバイルSuica
・SMART ICOCA
・楽天Edy

の4種類の電子マネーが使用できますよ。

リクルートカードの利用限度額ですが、公式サイトには記載されていません。
ですが基本的なカードブランドと他社カードを見ると、10万円〜100万円程度
なのでリクルートカードもその金額が目安になりますかね。

国内・海外旅行傷害保険利用も付帯しているため、かなりお得なクレジットカードとなっています。
それではリクルートカードのポイント還元率から詳しく解説していきます。

リクルートポイント最大のメリット1.2%の還元率

リクルートポイント

まず「リクルートカードの何が良いの」という方が多いかと思います。
ズバリ言うと、「リクルートポイントの還元率が1.2%」なところです!クレジットカードの標準的なポイント還元率は0.5%で、還元率1%であれば高還元率カードと呼ばれています。
なのでリクルートカードは高還元率のクレジットカードです。

どのくらいポイントが貯まるか例えてみます。
例えば1,000円の商品をリクルートカードで支払います。そうすると、ポイントの還元率は1.2%なので、12ポイントもらえるという計算です。
貯まったリクルートポイントは1ポイント1円の価値となります。

また電子マネーの利用においてもポイントを貯めることができますよー。

ポイント有効期限

リクルートポイントの有効期限は実質的に無期限

“実質的に”無制限というのは、「最終利用日(最終のポイント加算日または、ポイント利用日)から1年間」の有効期限です。つまりリクルートカードを使うたびにポイント有効期限が1年延長されるので、実質的に有効期限はありません。

ポイント貯めたはいいけど、気づかない間に失効していたというあるあるを回避できます。
リクルートカードさえ使っておけば、ポイントが失効することはまずないですね。

ポイント還元率をアップする方法

リクルートカードはふつうに利用しても高還元率のメリットがあります。
通常の還元率から、カード使い方によってさらにポイント還元率がアップできるんです!

その方法は、リクルート系のサービスを利用することです。

例えば・・・

・ポンパレモールで利用すると1.2%+3%で還元率4.2%
・じゃらん.netで宿泊予約すると1.2%+2%で還元率3.2%

じゃらん.netはホテルを予約できるサービスです。

じゃらん

宿泊の場合、1回に使用する金額が大きいので、還元率3.2%はお得ですね。

リクルートグループのサービスを使用する際は、リクルートカードで支払うのがおすすめですよー。

リクルートカードのポイントの使い道とは?

リクルートサービス

リクルートカードはポイントを貯めやすいクレジットカードの1つ。
ポイント貯めたけど、結局使い道がないということはよくあります。

ですがリクルートポイントは、リクルートグループのサービスで使用できます。
具体的には以下のリクルートグループのサービスが一例です。

・じゃらん
・じゃらんゴルフ
・ポンパレモール
・HOT PEPPERグルメ
・HOT PEPPER Beauty
・Oisix
・MARQREL

1ポイント1円で買物ができる上に、割引クーポンのメリットがあります。
なので1000ポイントあれば、1000円分の買い物ができるのは良いですよね。

Pontaポイントに交換

Pontaポイント

リクルートポイントをPontaポイントに交換することもできます。
リクルートポイント1ポイントで、1Pontaポイントとの交換が可能。

中にはリクルートグループのサービスで使い道がない方もいるのではないでしょうか。
そんな方はPontaポイントに交換することで、ローソンといったPonta提携店で1ポイント1円で買物ができますよ。

またPontaポイントをdポイントに交換ができるので(等価交換・100ポイント単位)、リクルートポイントの使い方はさらに広がります。
どちらのポイントも「Ponta Web」で交換することができますよ。

Loppiお試し引換券に交換

リクルートポイントをPontaポイントに変えた後の使い道の1つ。
ローソンの端末機Loppiで「お試し引換券」の発行することができます。
リクルートポイントでは決済できません。ですが、Pontaポイントとdポイントでは可能なんです。

以下が引換券の例です。
例 :「キットカットミニ・オトナの甘さ濃い抹茶」税込365円が85ポイント

なんとポイント85円相当で365円の商品が購入できるので、実質77%割引!

ポンパレモールを利用してリクルートポイントを85ポイント貯める場合、約2,100円の利用が必要です。つまりこの時の還元率は、365円÷2,100円=17.3%という超高還元率になるので、かなりお得ですよね。

お試し引換券そのものの割引率が高い上に、リクルートポイントの高還元率が加わるので最もお得な使い方です。ただし商品に限りがあるので、事前にチェックしてから利用しましょう。

JALマイルに交換

なんとリクルートポイントを貯めれば、JALマイルに交換することも可能なんです!
リクルートポイントを直接的にJALマイルに移行できませんが、Pontaポイントを経由することでJALマイルに交換できます。

ポイントの流れは以下です。
リクルートポイント(2ポイント)→ Pontaポイント(2ポイント) → JALマイル(1マイル)

マイル還元率に直すと、リクルートカードのマイル還元率は0.6%となります。
その一方、JALカードの場合は年間費2000円に加え、200円で1マイル(還元率0.5%)という計算になります。
本家のJALカードよりもJALマイルが貯めやすいんです。

ただしJALマイル交換するためには、年会費無料の「JMBローソンPontaカードVISA」を合わせて取得する必要です。

リクルートカードのメリット

リクルートカードのメリットはポイント還元率ですが、それ以外のメリットも見ていきます。

年会費永年無料

リクルートカードは無条件で年会費が完全無料!
同じ年会費無料でも、最近では年間利用金額などの条件がつく場合があるのですが。
しかもリクルートカードの場合は、1.2%という高還元率なので、何か条件があってもおかしくないですよねー。

ですが手数料といったことを気にする必要なく使えます。

付帯保険が充実

年会費無料カードで国内・海外旅行保険が2つとも付帯されるのは、リクルートカードのメリットの1つ。
付帯条件は利用付帯ですが、海外旅行保険最高2,000万円、国内旅行保険最高1,000万円と保険が充実してます。

海外旅行保険の補償内容は以下のようになっています。

補償項目 補償金額
死亡・後遺障害 2,000万円
疾病・傷害治療 100万円
救援者費用 100万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 20万円

またカードで買い物した商品が破損や盗難にあった場合に補償する「ショッピングガード保険」も付帯されています。

一般的なカードのショッピング保険の補償金額は50万円~100万円が標準。ですが、リクルートカードでは年間200万円での補償金額となっています。安心してお買い物ができますねー。

リクルートカードの審査

気になるリクルートカードの審査の難易度ですが、低めと思っていただいて問題ないです。
カード利用枠が10万円~100万円と幅広くなっている点が審査を通過しやすい要因となっています。

学生の場合、カードの利用枠は10万円と固定ですが、社会人の申込でも10万円まで減額されて発行されることがあります。そのためパート・アルバイトでも審査を通過する可能性が高くなります。

クレジットカードの申込から手元に届くまでの期間は、一般的なクレジットカードと同じように1週間~3週間くらいが目安となります。
なるべく早く発行するためにはオンラインから申し込みましょう!

まとめ

以上、リクルートカードのメリットを紹介しました。
年間費無料で、還元率が1.2%のクレジットカードはリクルートカードぐらいです。

しかも貯めたポイントの使い道がたくさんあるのもありがたい。
リクルートグループのサービスでポイントを使うのもよし、Pontaポイントに交換するのもよし。特にJALマイルも貯められるので、マイルを貯めたい方にもおすすめです。

ぜひリクルートカードを使用してみてくださいね。

リクルートカード
対応ブランド
無料カードなのに1.2%の高還元率!日常生活でも活躍!
  • 年会費が永久無料!
  • ポイント還元率が1.2%と高還元!
  • Pontaポイントと交換可能!
  • nanacoチャージでポイント獲得可能!
初年度年会費無料年会費無料還元率1.2%
利用枠100万円まで海外旅行保険最高2000万円国内旅行保険最高1000万円
※ 内容は執筆時の内容になり、変更になる場合があります。最新の詳細は公式ページをご確認ください。

こちらの記事も読まれています

ようさん

社会人まで海外童貞だった自分が急遽思い立って台湾へ一人旅へ。それから、少しずつ海外の空気にハマりました。
旅行は基本自分で手配する派。お金がかかりがちな旅行を「いかにコスパをよくするか」をあれこれ調べるのが趣味です。

新着記事一覧
おすすめカード一覧
  • エポスカード
    エポスカード

    最短即日発行!年会費無料で海外旅行保険が自動付帯!

  • 楽天プレミアムカード
    楽天プレミアムカード

    空港ラウンジが使い放題!プライオリティパスが最強!