絶対確認したい!海外旅行前にすべき「スマホの設定」とは?

絶対確認したい!海外旅行前にすべき「スマホの設定」とは?

海外旅行において必須であるスマートフォンですが、便利な一方、設定に気をつけないと高額請求される可能性があります。本記事では、スマートフォンの設定方法や海外旅行でインターネットを使うための方法を紹介していますので、ぜひ参考にして頂けましたら幸いです。

この記事でわかること
  • 海外旅行におけるスマホの必要性/注意点
  • スマホの設定手順
  • 海外旅行でネットを使うための3つの方法

日常生活では欠かすことができなくなったスマホ。
どこであっても、ほとんどの方がスマホを触っているかと思います。
海外旅行でも例外ではなく、最近だとほとんどの方がスマホを持って海外に行っています。

でもその時に、ほんの少しだけ確認をしないといけないスマホの設定があるんです。
この設定を怠ると、帰国後に目が飛び出るほどの高額な通信費を請求されるので要注意!

今回は、海外旅行前にすべきスマホの設定について紹介します。
これから海外旅行へ行く方はぜひチェックしてくださいね。

海外旅行でもスマホは必須アイテム

今やほぼ全員が持っていて、生活に欠かせないツールとなったスマホ。
海外旅行に行くときにも、スマホを持っていくことが当たり前になりました。
ちょっと前までは、ガラケーで使い物にならなかったのですが。

本来の携帯の機能である、メール・通話だけでなく、カメラ、SNS、インターネット検索。
スマホが1台あれば何でもできるので心強いところですよね。
しかも今どきなら、さまざまなアプリやWebサービスを海外でも使うことができます。

ですが、海外旅行で何も気にせず、インターネットを利用しまくっていると、とんでもないことになります。
とんでもないことは何か、これから紹介していきます。

高額通信費が請求される!?海外旅行でスマホを使う時に注意したい点

海外旅行から帰宅して一息ついたころ。
契約しているスマホの通信業者から連絡が来ました。
「今月の通信料金は50万円です」

そんな連絡が来たら、
「高額請求がきた!詐欺?」
なんて思うのが当たり前かと思います。
でも、詐欺ではなく、スマホの設定ミスで起こってしまった現実の話なんです。

下記が一例ですね。

海外旅行中にスマホで通信していたら、簡単に1万円請求されてしまいます。
検索かけるだけで、「パケ死した」、「高額請求が来た」なんてことがゴロゴロおきています。

海外にスマホを持って行く誰しもに起こり得るトラブルなんです。

どうして海外でスマホを使うと高額請求がくるの?

そもそも、海外でスマホを使うとなぜ高額な通信費を請求されることがあるのでしょうか。
結論からいうと、
直接あなたと契約を結んでいない通信事業者の回線を使ったから
なんです。そう聞いたところで、ピンとこない方もいますよね。

詳しく解説していきましょう。

スマホでインターネットができるのは通信契約を結んでいるから

通常、スマホを使ってSNSやアプリなどインターネットを利用するために、通信会社の回線を使っています。au、docomo、SoftBankといった三大キャリア、はたまた格安SIM業者。
スマホを購入するときに、そういう業者と契約したからインターネットが使えているんです。

最近はアプリもSNSもデータ通信を多く使うので、通信量無制限のパケット放題にしたり、多めのパケットで契約したりすることが多いですよね。もしくは人によっては通信会社とは契約せず、Wi-Fiだけで通信をしているかもしれません。

その時も、家であればWi-Fiを使うためにインターネット通信事業者と契約をしているはず。
なんにせよ、スマホをスマホらしく使うためには、インターネットへの接続が必要不可欠です。

ここまでは大丈夫ですかね。言われれば、当たり前の話かと思います。

便利?怖い?海外データローミングという仕組み

一般的に、スマホの通信契約は日本国内での回線利用に限られています。
なので、スマホを海外に持って行ったところで、単に圏外になるのかなと思いますよね。

ところが、圏外になるとは限らないんです。

どういうことかというと、ほとんどのスマホには海外データローミングという機能が備わっています。
データローミング機能は何かというと、契約している通信会社が提携している海外の事業者の回線に自動で接続してくれる機能です。

この機能で注意が必要なのは2点。

  • 1.海外データローミング機能がオンになっていると、自動で海外の回線に接続される
  • 2.海外の回線を使った通信は日本の契約とは別で請求される

つまりパケット使い放題、もしくはパケット上限有りなどの契約をしていない回線を使うことになります。
そうすると、普通にスマホを使っただけなのに、高額な通信費が請求されることになってしまうんです!日本でパケット使い放題に契約していても、海外の回線に切り替われば、日本の契約は関係ありません。

なので、日本で当たり前のように行う、

◎海外から日本にいる家族に写真付きでメールやラインを送った
◎海外旅行中、海外データローミングで通信が圏外にならず、普段通りアプリの更新が自動で行われた

などといったことが行われると、高額請求になってしまうんです。
知っていれば問題ないのですが、知らないとマジで高額請求がきます。

海外旅行前に行うべき、スマホの設定

国際データローミングをオフにする最も簡単な方法は、
AndroidもiPhoneも「機内モードに設定する
たったこれだけで、防げます。

ちなみに、機内モードとはスマホの通信設定をすべてオフにするモードです。

機内モードを設定することで
・キャリアのデータ通信
・データローミング設定
・Wi-Fi
・GPS

など、スマホと電波をやりとりするすべての機能がオフになります。

とりあえず機内モードにさえしておけば海外旅行後に高額請求、いわゆるパケ死なんていう最悪の事態は防ぐことができます。
ただし、機内モードにするといったんはすべての通信が使えなくなります。
海外でもSNSをチェックしたり、ナビで道を調べたり、翻訳アプリを使ったりしたいですよね。これらは当然ながら通信ができなければ使えません。

iPhoneの設定手順はこちら

実際のiPhone設定画面を紹介してきます。
まず、iPhoneのアプリにある、「設定」を開きます。

iphone-setting1

上から4番目にある「モバイル通信」をタップ。
このモバイル通信のページだけで全て設定できます。

iphone-setting2

見るべき箇所は、上の2つだけ。
通常時では、モバイルデータ通信やデータローミングがオンになっている状態
高額な請求されないよう、この設定をオフにしていきます。
まず、「通信のオプション」の項目をタッチしましょう。
先にモバイルデータ通信をオフにすると、データローミングがオフにできなくなるので注意。

iphone-setting3

次の画面で、データローミングをオフにします。
この設定で、とりあえずは、データローミングで通信を勝手に探しに接続することはありません。

※画像上では、データローミングのオンになっています。

iphone-setting4

一個前の画面にあるモバイルデータ通信もオフにしておくと安心。
ここまできたら最後に、機内モードにすれば終了。

これだけで、勝手にスマホが通信して、高額請求されることはなくなります。
知っているのと知っていないのではえらい違いなので、覚えておきましょう!

海外旅行中にネットを使うために必要な設定は?

「機内モードにしたら、海外でスマホ使えないの?」という方もいるかと思います。
これから、パケ死を防ぎつつ、海外旅行中にインターネットを使う方法を3つ紹介します。

1.海外SIMを使う

SIMカードとは、スマホの通信をつかさどっている小さなチップのこと。
このSIMカードがあるから通話やインターネット通信ができるのです。
このSIMカードを渡航する国に対応するものに取り換えると、普段同様に海外でもスマホを使うことができるんです。
海外SIMカードは渡航日数にあったプランのプリペイドタイプが便利です。

注意したいのはSIMロックについてですね。
三大キャリアでスマホを契約している方の場合、単にSIMカードを入れ替えても使えない可能性があります。
というのも、SIMロックといって、スマホ本体が他の通信会社のSIMカードを入れて使えないような設定になっているんです。

SIMロックはキャリアや契約時期ごとに解除の条件があります。
なのでキャリアの手続きページから手続きをしたり、ショップに行ったりしてSIMロックをあらかじめ解除しておきましょう。

2.Wi-Fiを使う

自宅ではWi-Fiを使ってデータ通信量を節約している方も多いはず。
海外でもWi-Fiを使ってインターネットに接続することができます。

海外でWi-Fiを使う際には、まず機内モードにしたうえでWi-Fiだけをオンにしましょう。
すると海外データローミングはオフのままなので、うっかり接続を防ぐことができます。海外にいる間は機内モードオンのままが原則です。

ちなみに、海外でWi-Fiを使うには、
・無料Wi-Fiを使う
・Wi-Fiモバイルルーターをレンタルする

の2つの方法があります。

無料のWi-Fiを使う

海外では国にもよりますが、日本よりも無料Wi-Fiが充実していることが多いです。
ホテルやカフェ、レストラン、空港などでそれなりの電波強度のWi-Fiが飛んでいたりします。
行く国のWi-Fi事情を調べておけばお金をかけずに快適なネットができるかもしれません。

ただし無料Wi-Fiはセキュリティがしっかりしていません。
大切なデータを読み取られてしまう恐れがあるので、クレジットカード番号を送信するなどは無料Wi-Fiを使用しないほうが賢明です。

Wi-Fiモバイルルーターをレンタルする

複数人で旅行をするなら便利で割安なのが、Wi-Fiモバイルルーターです。
国内でもモバイルルーターを持ち歩いている方もいたりしますよね。

渡航国対応のWi-Fiモバイルルーターをレンタルすることで、好きなときにインターネットに接続が可能。
複数機器を接続できるルーターを選べば、1台のルーターで同行者全員がインターネット接続できるようにもできます。

ただ注意したいのはルーターの取り扱いです。
あくまでレンタルなので、帰国後に返却が必要になります。万が一紛失や破損があった場合には弁償することになります。
またルーターもスマホ同様充電しなければ電源が入らず使えなくなります。充電を怠らないようにしましょう。

3.現在契約している通信会社の海外プランを使う

キャリアごとに海外でもそのままスマホが使えるような契約プランを用意しています。
簡単な手続きだけで今のスマホがそのまま使える点が便利です。
ただ、海外SIMを使ったりモバイルルーターをレンタルしたりするよりも割高になることが多いようです。

また、割高なのに網羅している地域の範囲が狭かったり、通信が遅かったりするので、正直あまりオススメしないです。

海外旅行はスマホの設定を要確認しよう!

以上、海外旅行で必須なスマホの設定について紹介しました。
せっかくの海外旅行、誰もが楽しい思い出だけで終わりたいかと思います。
間違っても「あの旅行ではパケ死して何十万円もの請求が来たなぁ」なんて思いをしたくないですよね!

少しの知識と簡単な準備で高額請求はふせぐことができます。
海外に行く前にきちんと確認しましょう。

この記事が参考になったらいいねしよう!

こちらの記事も読まれています

ようさん

社会人まで海外童貞だった自分が急遽思い立って台湾へ一人旅へ。それから、少しずつ海外の空気にハマりました。
旅行は基本自分で手配する派。お金がかかりがちな旅行を「いかにコスパをよくするか」をあれこれ調べるのが趣味です。

新着記事一覧
おすすめカード一覧
  • エポスカード
    エポスカード

    最短即日発行!年会費無料で海外旅行保険が自動付帯!

  • 楽天プレミアムカード
    楽天プレミアムカード

    空港ラウンジが使い放題!プライオリティパスが最強!