留学行く人必見!海外留学にクレジットカードが必須な理由とは?

留学行く人必見!海外留学にクレジットカードが必須な理由とは?

「海外留学にクレジットカードって必要?」、「留学におすすめのクレジットカードはなに?」という方向けに、クレジットカードの魅力と注意点、そして留学経験者が教えるオススメのクレジットカードを紹介します。うまくクレジットカードを使って、有意義な留学生活になることを願っています。

これから夏休みに向けて海外へ留学する方も多いかと思います。
その留学の準備として、クレジットカードを作るか悩みますよね。

なんとなくクレジットカードは必要なのはわかってるけど、
「1枚だけクレジットカード持ってれば大丈夫」
「現金で済ませるからクレジットカードはいらないっしょ」
「海外へクレジットカードを持っていくことは怖い」

なんて方も多いかと思います。

かくいう僕も初めて留学時では、親から説得されてクレジットカードを作りました。
ですが結論から言うと、海外留学へクレジットカードは絶対持っていくべきです!!
それも2枚以上がおすすめ!

クレジットカードは支払い時に使うだけでなく、お得なサービスがあり、安く、快適に留学ができますよ。
今まで、なぜクレジットカードが不要だと思ってたのか、不思議で仕方ない。

なので今回は、海外留学でクレジットカードが必須の理由と注意点を紹介したいと思います。

最後には留学におすすめのクレジットカードもまとめました。
ぜひ参考にしてくださいね。

海外留学でクレジットカードが必須な理由

海外旅行で意外と忘れがちなクレジットカード。
クレジットカードがあれば、より充実した留学生活が送れるようになります。
どういうメリットがあるか見ていきましょう。

両替の手間が省ける

まず海外でも、日本で発行したクレジットカードで支払いができます。
日本円を現地通貨に両替するとなると両替所を探さないといけないし、両替所は結構レートが高いです。特に空港は割高。
実際、私も留学中にラスベガスへ旅行した際、空港で両替して20ドルくらい損したのを鮮明に覚えてます。

ですがクレジットカードさえあれば、そもそも現金が不要で支払いが可能。
日本では現金主義がまだ根強いですが、海外ではクレジットカード支払いが一般的です。
アメリカ人の友達は、数百円単位でもクレジットカード支払いをしてました。

とはいえ、留学中はどうしても現金が必要な場面もあります。
例えば現金のみ利用可のお店や友達と割り勘など。留学中に友達との割り勘は結構多いです。
その時には、クレジットカードでキャッシングをすることもできます。

キャッシングは、両替ほど手数料がかからない上、ATMで現金を下ろすことができます。
掛かる費用はATM使用料と引き落とし日までの金利のみのため、余計な手数料の節約が可能です。

またATMは、空港や駅、ホテル、街中とさまざまな場所にあります。現金が必要なときに、必要なだけキャッシングできますよー。

なので、お得にかつ両替所を探す手間をかけず、現地通貨を用意できることもクレジットカードの大きな魅力です。

強盗やスリなどによるトラブル対策

海外留学で1番の心配は留学先の治安。
学生の方なら、特に親は留学先の治安状況を心配しますよね。
実際のところ、日本の外へ出れば、スリや窃盗が多いですし。

中には現金を持って歩いていたら、いきなり拳銃突きつけられ、泣く泣く全額渡した、なんて話はよく聞きます。
日本では考えられないような話ですが、海外では日常茶飯事なんです。
正直、現金を持ち歩くというのは、危険極まりないのが海外の常識。

じゃあどうすれば良いかというと、ここでもクレジットカードが役立ちます。
クレジットカードであれば現金を持ち歩く必要がないです。
たとえクレジットカードを盗まれてたとしても、簡単にそのクレジットカードを利用停止にできます。
現金だったら、盗まれたら諦めるしかなったのですが、クレジットカードでは被害を最小限に抑えられますよー。

また万が一クレジットカードを不正利用されても、ほとんどのクレジットカードには不正利用/盗難の補償サービスがあるため全額補償されるんです。

なので、海外の人は基本的に現金ではなく、クレジットカードを使っています。

留学費用を節約できる

海外へ留学するのに海外旅行保険は必須です。
語学学校の中には、海外旅行保険の加入を強制させるくらい大事。
なぜかというと、海外の治療費は笑えないくらい高いんです。
例えば、アメリカ旅行中に体調崩して病院に行ったら、診察料だけで数万円請求された、という知り合いもいます。

とはいえ、1週間、1ヶ月の短期留学だけだから、海外旅行保険の費用を抑えたい方も多いのではないでしょうか。手続きとか多くて手間がかかるんですよね。
そんな方にオススメなのが、クレジットカードに付帯している海外旅行保険の活用です!
この海外旅行保険は、追加料金を払う必要なく、なんと無料で付帯しています。
手持ちのクレジットカードがあれば、わざわざお金を払って海外旅行保険に加入する必要がないんです。
補償対象は有料の保険と変わらないレベルで充実していますよー。

例えば、楽天カードの海外旅行保険だと補償内容はこんな感じです。

補償項目 補償金額
死亡・後遺障害 2,000万円
疾病・傷害治療 200万円
救援者費用 200万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 20万円

このくらいの海外旅行保険が無料で付帯していますが、有料の保険と比べると少し見劣りは感じると思います。
所詮、支払いで使うクレジットカードの付帯ですしね。

でもクレジットカードは複数枚持つことで、補償額を合算することができるんです。

留学先へはクレジットカードを2枚以上

海外留学ではクレジットカード1枚だけだと、どうしても不十分。
使えると思ってたクレジットカードが使えないということもあります。
そこで2枚以上持つことで、そういう事態を避けられますよー。

海外旅行保険の合算可

クレジットカード付帯の海外旅行保険は無料で良いけど、補償額が少なくて、本当に十分なのか不安になる方も多いかと思います。
初めての海外留学だったらなおさらですよね。

でもクレジットカード付帯の海外旅行保険で十分。
というのも、複数枚のクレジットカードの補償額を合算することができるんです。
わかりやすくいうと、複数枚のクレジットカードの補償額を足して、支払うことができます。

例えば、留学中にアクティビティへ参加したら大怪我をし、病院で治療受けたら200万円の請求されたとします。
三井住友VISAクラシックカード1枚の場合だと、傷害・疾病治療費用は50万円。このままだと、差額の150万円は自己負担になってしまいますね。
ですが三井住友VISAクラシックカードと楽天カードの2枚であれば、合計250万円が適応可能の補償額となります。

確かに1枚のクレジットカードの補償額では不十分。
ですが補償額を合算すれば、一般の海外旅行保険に匹敵するほどの補償額となるんです。

なので複数枚のクレジットカードを持てば、個別に海外旅行保険に加入する費用を節約できますね。

クレジットカード付帯の海外旅行保険の合算の記事
補償額を合算!クレジットカードを複数枚持つと海外旅行保険が充実

国際ブランドが使えないことがある

海外ではクレジットカードでの支払い一般的です。
ですがお店によっては、ある国際ブランドに対応していないということは良くあります。

国際ブランドの記事はこちら
VISA、JCB、Master Cardのどれがいいの?海外旅行で役立つ国際ブランドを徹底解説

全世界のブランド別シェア率は、VISAとMaster Cardで8割以上。
なので基本的にVISAとMaster Cardは、クレジットカード対応しているところであれば、どのお店でも使えます。

ただJCBのクレジットカードに関しては、アメリカやヨーロッパで使えないことが多々あります。
日本人観光客が多いアジアでは使えることがあるのですが、JCBは日本発ということもあり、海外ではあまり普及はしてないです。

ということはJCBのクレジットカードだけだと、留学先でクレジットカード使えないことがあります。

なので留学行くに持って行く国際ブランドは、
VISA or Master Card + JCB
という組み合わせでクレジットカードを持つと良いですよー。

通信障害で決済処理できない

国際ブランドがVISAだと、クレジットカードが使えれば、基本的に世界中のどこのお店でも使えます。
ただクレジットカードを読み取る機械の問題で、クレジットカードが使えないことがあります。
この通信障害でクレジットカードが使えないのは海外あるあるです。

僕がアメリカで留学中にも、何度試してもエポスカードが使えず、仕方なく現金で支払った、ということが数えきれないほどありました。
ここだけの話、リトアニアを旅行している時に、楽天カードを何度も試したら、機械を壊してしまったこともあります(笑)。

クレジットカード自体が使えなくなったわけではなく、一次的な通信障害が原因で起こるもの。
違うレジやお店では、通常通りそのクレジットカードが使えるようになったりします。

1枚クレジットカードが使えなくなっても、複数枚あれば、違うクレジットカードで支払いが可能です。

留学先へクレジットカードを持って行く際の注意点

留学先へクレジットカードを持っていく中で気を付けるべき点があります。
漏れがあるとクレジットカードのサービスが使えなくなったりますよー。

海外旅行保険には補償期間がある

留学でクレジットカード付帯の海外旅行保険を使用する方は要注意。
というのも、クレジットカード付帯の海外旅行保険には期間の制限があります。

多くのクレジットカードの海外旅行保険の適用期間はだいたい90日間(3か月)。
保険が適用の開始日は出国した日から、帰国するまでの90日間ですね。

短期留学で1,2ヶ月未満の方は特に期間を意識する必要ありません。
ですが、90日以上の長期留学する方は注意が必要です。

クレジットカードの保険だけで十分だと思っていたものの、留学先で実は補償が切れていたということもあり得ます。
留学最終日で大怪我をして、保険が適用されなかった、という例もあるくらいです。

またクレジットカードによって海外旅行保険の適用期間が異なるので、事前にチェックしましょう。

クレジットカードに利用条件がある

クレジットカードに付帯する海外旅行保険ですが、実は適用されるための条件があります。
その条件は自動付帯利用付帯。

簡単に説明すると、自動付帯とはクレジットカードを持ってさえいれば海外旅行保険が“自動的に”適用されるという条件です。
クレジットカードを持ってさえいればいいので、特に問題はありません。

ですがもう1つの利用付帯が厄介です。
利用付帯とは、そのクレジットカードを利用することで海外旅行保険が適用されます。
自動付帯とは異なり、留学先で持っているだけでは海外旅行保険は適用されないんです。

しかも、海外へ行くための代金の一部をそのクレジットカードで支払いをしないといけません。海外留学の代金を支払わないといけないのが、面倒臭い。

もし支払い忘れた場合は、そのクレジットカードの利用付帯が適用されないですね。
なので基本的には自動付帯のクレジットカードがおすすめです。

エポスカードの紹介記事
海外旅行保険が無料で自動付帯!エポスカードの魅力を徹底解説

キャッシングは利息がかかる

クレジットカードのメリットの1つであるキャッシング!
ですがキャッシングは、利息がかかってしまうんですよね。
1回や2回の利息ならいいのですが、長期留学でこの利息が重なると地味に痛いんです。

例えば、10月1日に留学先から5万円をキャッシングしたとします。
海外キャッシングは翌月一括払いとなっているため、通常の返済日は11月27日ですね。

海外キャッシングは以下の計算で請求額が決まります。

  • 利用金額(レート換算後の日本円)×年率×利用日数(キャッシング日から支払日まで)÷365日

なので計算をすると、
50,000円×利息18.0%×約60日÷365=1,479円
1回のキャッシングで約1,500円の利息がかかってしまいます。

そこで、
留学先でキャッシングするたびに、1,000円以上払いたくない
という方におすすめなのが、セディナカード。
先ほどの例で、セディナカードでキャッシングすると、利息を123円におさめることが可能なんです。
セディナカードにはよゆう払いという繰り上げ支払いができます。

お得に留学するために、キャッシング用のクレジットカードとして持つべきです。

エポスカードの紹介記事
海外旅行好き必見!海外キャッシングにはセディナカードがオススメ

海外留学におすすめのクレジットカード

以上、海外留学にクレジットカードを持って行くべき理由を紹介しました。

クレジットカードありなしで、留学の充実度は変わってくると思います。
僕自身、アメリカ留学では、クレジットカードを3枚持っていきました。
VISAであってもクレジットカードを使えないから、2枚のクレジットカードで支払いを何度もしましたね。

留学先では割り勘で現金のやり取りをしていましたが、その度にキャッシングしてました。
セディナのよゆう払いは本当にオススメ。留学生活をトータルで見たら、数万円の無駄な費用を抑えてましたよ。

海外留学でおすすめのクレジットカードも後ほど書いていきますね。

人生1度あるかないかの海外留学。
お得にかつ、有意義な留学生活を送れることを願っています。

この記事が参考になったらいいねしよう!

こちらの記事も読まれています

ようさん

社会人まで海外童貞だった自分が急遽思い立って台湾へ一人旅へ。それから、少しずつ海外の空気にハマりました。
旅行は基本自分で手配する派。お金がかかりがちな旅行を「いかにコスパをよくするか」をあれこれ調べるのが趣味です。

新着記事一覧
おすすめカード一覧
  • エポスカード
    エポスカード

    最短即日発行!年会費無料で海外旅行保険が自動付帯!

  • 楽天プレミアムカード
    楽天プレミアムカード

    空港ラウンジが使い放題!プライオリティパスが最強!