「変換プラグ」は海外旅行で必須!国別のコンセントの形状とオススメの変換プラグを紹介する

「変換プラグ」は海外旅行で必須!国別のコンセントの形状とオススメの変換プラグを紹介する

海外旅行で必須の持ち物が「変換プラグ」。渡航先により、日本のコンセントの形が全く異なるため、この変換プラグがないと日本の電化製品を充電できません。なので本記事で、おすすめの変換プラグから各国のコンセント形状事情まで紹介します。

この記事でわかること
  • 変換プラグとは
  • 各国のコンセントの形状
  • おすすめの変換プラグ

オトクな海外旅行が大好き!ようさん(@yousankaigai)です。

海外へ行くときに必要な持ち物の1つに変換プラグがあります。

「海外だと日本のコンセントの形が違う」
「実際にコンセントに差し込もうとしても入らない」
なんて経験した方が少なからずいるのではないでしょうか。

海外では、日本のコンセントとの形と異なるので、基本的にそのままコンセントに差し込むことができません。
その結果、iPhoneやパソコンが充電できなくなることがあります。

そんなときに必要なのが変換プラグです。
ということで今回は、変換プラグの解説から、国別のコンセントの形状やオススメの変換プラグについて紹介します。

変換プラグとは?

電化製品を使うとき、コンセントへ差し込みますよね。
日本のコンセントといえば、こちら。

japan-outlet

2本の口があるやつですね。
みなさんも普段使っているはずです。

しかし、このコンセントの形状は国よって異なります。

例えば、3口あったり、丸であったり…。
日本から持参した電化製品をそのまま使おうとしてもコンセントの形状がマッチしていないため、差し込むことができません。

そんな時に必要なのが変換プラグです。

ctype

日本製品のコンセントの形状を現地の国の形状に変換するモノです。
コンセントの形状が違う場合、この変換プラグが必要となります。なければ、日本の電化製品が使えない&充電できなくなります。

ようさん
僕もデンマークに行ったとき、変換プラグを忘れてiPhoneの充電ができなくて困ったことがあります汗
その時は現地でUSBのコンセントを買いました…。

国別のコンセントの形

国によって、コンセントの形はかなり異なりますが、いくつかパターンがあります。

日本と同じ形の国もあれば、もちろん異なる国もあります。
これは渡航前にチェックする必要があります。

outlet

日本はAタイプですね。

一方、BFタイプやOタイプというコンセントの形を見たことないですよね。
タイプごとに国別にまとめてみました。

タイプ別 特徴 対応国
Aタイプ 日本と同じ形状 アメリカ/台湾/タイ/カンボジア/ベトナムなど
Cタイプ Bタイプと似た形状 イタリア/ドイツ/スペインなどヨーロッパに多い
Bタイプ Cタイプと似て、ピンが太い インド/インドネシア/ネパールなど
BFタイプ ピンが3本ついた形状 イギリス/マレーシア/シンガポールなど
Oタイプ 八の字が特徴的 オーストラリア/ニュージーランド
0-2タイプ 0タイプに1つ差込口が多い 中国の一部地域
SEタイプ Cタイプに似ている Cタイプと併用の国が多い

コンセントの形別の変換プラグ5選

変換プラグやコンセントの形状についてまとめてみましたが、実際に変換プラグを用意するとなったら、どれを買えばいいでしょうか。

今回は僕がよく利用しているものも含めて、おすすめの変換プラグを紹介します。

1) マルチタイプ:SONICER 変換プラグ 世界150か国以上

この「SONICER 変換プラグ」が一番のおすすめ。
A/O/BF/Cタイプに対応しており、世界150ヶ国以上で使える変換プラグです。

日本人が多く行くような海外旅行先はほぼ網羅されています。
この変換プラグがあれば、他の変換プラグはなくても大丈夫です

コンセントの変換だけではなく、USBポートが2ポートもあるので、スマホの充電等も同時にすることが可能です。多機能なので、かなり汎用性が高いですね。

ようさん
30ヶ国以上渡航してきましたが、僕もこの変換プラグは必ず海外旅行に持参しています。金額も1,000円ちょっとなのでオススメです。

この変換プラグだけでも、大丈夫ですが、一部の国ではカバーできないので、その場合は以下の商品を用意していくようにしましょう。

2) Bタイプ:カシムラ 海外用変換プラグ NTI-63

インドやインドネシア、ネパールなどで使えるBタイプの変換プラグです。
2個セットになっているので、同時に電化製品を複数使いたいときにおすすめです。

安くて小さいので持ち運びで邪魔にならないのも良いですね。

3) Cタイプ:エレコム 海外用変換プラグ T-HPACWH

イタリアやスイス、ドイツなどヨーロッパ圏で使えるCタイプの変換プラグです。

2重構造になっており、安心して使用することができます。
発熱した際にも溶けにくく、差し込み口は発熱を抑えるため、気兼ねなく使いたい方におすすめです。

4) Oタイプ: 海外旅行変換プラグ

オーストラリアやニュージーランドなどで使えるOタイプの変換プラグです。

伝導性に優れたプラグになっています。
収納ケースがついてくるため、持ち運びに便利。

5) BFタイプ:日章工業 変換プラグ L-05

イギリスやシンガポール、香港などで使えるBFタイプの変換プラグです。

こちらはAタイプのコンセントをさす場合は縦向きになるため注意しましょう。コンパクトなので持ち運びも便利です。
2ヶ入りなので、友達や家族とシェアしたり、紛失したりしたときのために、キープしましょう!

変圧器とは

海外旅行で日本の電化製品を使うには、変換プラグが必要なのはご理解いただけたかと思いますが、変換プラグを使っても、使えない電化製品があります。

その理由は、電圧の違いです。
日本の電化製品は100Vに対応するように作られています。

しかし、海外の電圧は国によって様々です。対応していない電圧で無理やり使うと、電化製品が壊れたり、最悪火事にもつながり非常に危険です。

一例として国名とその国の電圧を挙げてみました。

国名 電圧
アメリカ 120V
韓国 220V
台湾 110V
オーストラリア 240V
フランス 220V
ドイツ 230V
イギリス 240V

日本の100Vとけっこう異なりますね。
対応していない電圧で無理やり使うと、電化製品が壊れたり、最悪火事にもつながる可能性もあります。

ただ、全世界で使われているような電化製品は変圧の仕組みが製品に付いています。

例えば、iPhoneやAndroidといったスマホ、パソコン、カメラですね。
こういった世界共通で使われるような電化製品は電圧のことを気にせず、コンセントの形状が合っていれば(合っていない場合は変換プラグを利用すれば)そのまま使うことができます。

ようさん
海外旅行にほとんどの人が持参するような製品は、もともと各国の電圧に対応できるように作られているので心配無用です。

ただし、日本製の電化製品については、海外の電圧に未対応のケースがあります。
よくあるのが、ドライヤーやヘアアイロン、シェーバー等などですね。

こういったものは一度製品を確認するようにしましょう。
本体の製品説明に絶対に書いてあります。

海外旅行の際は変換プラグをお忘れなく!

以上、海外旅行で必要になる、変換プラグについて紹介しました。

海外旅行では渡航先により変換プラグがないと電化製品は使えません。特に一番困るのがスマホの充電ですね。
渡航前に国のコンセントの形状を確認し、必要に応じて変換プラグを用意しましょう。

変換プラグは僕も利用している「マルチタイプのSONICER 変換プラグ」がおすすめ。
この変換プラグを購入すれば、基本的には大丈夫かと思います。

もちろん「今は変換プラグはいらない」という方でも持っておくと便利ですよー。

この記事が参考になったらいいねしよう!

こちらの記事も読まれています

ようさん

社会人まで海外童貞だった自分が急遽思い立って台湾へ一人旅へ。それから、少しずつ海外の空気にハマりました。
旅行は基本自分で手配する派。お金がかかりがちな旅行を「いかにコスパをよくするか」をあれこれ調べるのが趣味です。

新着記事一覧
おすすめカード一覧
  • エポスカード
    エポスカード

    最短即日発行!年会費無料で海外旅行保険が自動付帯!

  • 楽天プレミアムカード
    楽天プレミアムカード

    空港ラウンジが使い放題!プライオリティパスが最強!